ギャラクシー・マカオ

。ギャラクシー・マカオは6つのホテルからなるカジノリゾートで、ザ・リッツ・カールトン ・マカオ、バンヤンツリー・マカオ、JWマリオット・ホテル・マカオ、ホテルオークラ・マカオ、ギャラクシーホテル、ブロードウェイ・ホテル、で構成されています。リゾートはマカオのカジノ中心地コタイ・ストリップに位置し、ギャラクシー・エンターテイメント・グループによって経営されています。

すべての始まり

ギャラクシー・エンターテイメント・グループ (GEG) のビジネスは、試験的なものからスタートしました。マカオ行政からカジノの営業許可を取得し、まずオープンしたのはカジノ・ワルド、4つのシティ・クラブ・カジノ中いちばん初めにできたクラブでした。その運営が好調な一方でコタイ・ストリップに目をつけていたGEGは、2011年5月、ギャラクシー・マカオを世界に向けてオープンしたのです。当時、リゾートにはギャラクシー・ホテル、ホテルオークラ・マカオ、バンヤンツリー・マカオの3つのホテルがありました。1,650億香港ドルをかけて建設されたギャラクシー・マカオで2011年に楽しむことができたのは、言うまでもなくテーブルゲームだけではありません。そこには50を超えるレストラン、10以上のショップ、人工ビーチ付属のスカイトップ・ウェーブ・プールがあります。しかしそれは、大規模なギャラクシー・マカオ開発計画の第一段階でしかなかったのです。

決して忘れられない

マカオのカジノ収入不振に関わらず、その印象的な外見でコタイ・ストリップの景色を変えたギャラクシー・マカオは常に人々の記憶にあります。さらに、GEG財団機関を通して、リゾートとその姉妹会社は、ビジネスの成長に大きく関わった地元への貢献を目指しています。

ゲームのハイライト

ギャラクシー・マカオのポーカールームからヨダレが出るような賞金を持ち帰る他にも、GEGプリヴィレッジ・クラブ会員がゲームを続ける理由は充分以上に揃っています。

例えば、会員ステータスによって対象レストランでの割引やポイントの商品交換、ホテルでの特別料金適用などを得られます。さらに、上級会員には専属バトラーとホストサービスが付き、マカオ国際空港到着時にプラザ・プレミアム・ラウンジへのアクセスや毎月の無料往復航空券が付与されます。

GEGプリヴィレッジ・クラブ会員としての特典の他にも、カジノで開催される様々なプロモーションをお楽しみいただけます。プリヴィレッジ・ポイント・プロモーションは中でもいい例です。これはゲームする度に貯まるポイントで、プログラム参加店舗の商品と交換することができます。そしてGEGプリヴィレッジ・クラブのブラックもしくはダイアモンド会員のみを対象に、ギャラクシー・マカオではホライゾンVIPとホライゾン・ハイ・リミット・スロット・パーラーをご用意しています。ここでは会員のみがプリヴィレッジ・サロンへのアクセスを得られ、お得な為替レートを利用でき、会員個々のニーズに合わせたコンシェルジュサービスを受けることができます。

現在

2015年5月、ギャラクシー・マカオ・ファミリーには新たなメンバー、ザ・リッツ・カールトン ・マカオ、JWマリオット・マカオ、そしてブロードウェイ・ホテルが加わりました。これら3つのホテルオープニングは、リゾート開発計画の第二段階でした。現在、カジノホテルには数百の客室があり、100以上のレストラン、スカイトップ・アドベンチャー・ラピッズ、そしてプロムナードとして知られるショッピングセンターがあります。

share post to: