ベネチアン・リゾート・ホテル・カジノ

。ベネチアン・リゾート・ホテル・カジノはラスベガス・ストリップにあり、株式会社ラスベガス・サンズに所有されている。それは、The PalazzoとThe Venetian HotelsそしてThe Sands Expo Convention Centerの3つの施設で人々を引きつけている。The Venetianがこの会社の本部である。

四面楚歌で
ベネチアン・リゾート・ホテル・カジノの物語は、この統合型リゾートを作ろうと考えついた故シェルドン・G・アデルソンの物語である。
この革新的なリーダーは、常にホテル経営者であったわけではない。実際のところ、技術屋として働き始め、1989年にサンズ・ホテル (ラスベガス) の買収に至ったのだ。この所有者の変更は、サンズにとっての重要な出来事の始まりを示し、1年以内にThe Sands ExpoとConvention Centerが開業した。しかし、物語は常に明るいものであったわけではない。サンズは表面に現れている問題点を抱えていたし、アデルソンは早急に何かしらをする必要があった。

ホテルへの潮流を変えたのは、妻と行ったベネチア旅行だった。アデルソンは、このロマンチックな街をラスベガスへ持ってこようという大規模な計画を思いついたのだ。そういうわけで、1996年にサンズは退き、1999年にThe Venetianが舞台に上がったのだ。
The Venetianは失敗するだろうと多くの人が考えた。市場において、ギャンブルの主力事業から思いきって身を引き、ギャンブルをしない客を惹き付けようとは他に誰もしたことがなかったのだ。しかし意外にもカジノリゾートは、会社がシンガポールとマカオに進出できるほど大いに成功したのだ。

恐れずに

人が夢を追いかけると何が起こるのかを表したものとして、ベネチアン・リゾート・ホテル・カジノは、歴史においてその地位を獲得している。シェルドン・G・アデルソンと彼を信じる者たちのチームが、大胆にも自分たちの収入を多角的に投資し、実際にカジノよりも会議場からより多くのお金が入ってくるを見たという事実はまさに、恐れを知らない人々にとって不可能はないのだと示している。

今でもギャンブルを忘れず

そうそう、ベネチアン・リゾート・ホテル・カジノはギャンブラーでない人々の心を掴んでいるが、ギャンブル好きの人々のことを忘れてはおらず、彼らのために刺激的な環境を作りだしている。スロットマシンからそれは始まるのだが、あなたはそのスロットマシンをVenetianで提供される1247台か、もしくはPalazzoであなたを待ち構えている1038台のなかから選ぶことができる。

それからあなたは、Fortune Asia Pokerやシックボー、ルーレットで遊べるテーブルに移動することができる。最後に、手に汗握るポーカーのトーナメントで仕上げができるし、うまくいけばカジノを離れるころには、あなたのポケットはやって来たときよりも重くなっているだろう。

現在のVenetian Las Vegas

サンズ・ホテルが退いてから、多くが変化している。会議場は225万平方フィートを超えるレンタルスペースに成長している。加えて、このリゾートは今や、“ケーキ・ボス” Buddy Valastroとマリオ・バターリを含む数人の有名シェフ抱えている。さらに、人気のTAO Night ClubとLagasse’s Stadiumを人々を引き付けるもののリストに追加している。カジノで遊びたいのに ヴェネチアン リゾートホテル カジノ を訪れる機会がないあなた、 Vera&John UK オンライン カジノをお試しください!

share post to: